アナザースカイをみた。

f:id:diary_since_26:20170114001414j:plain


アナザースカイをみた。

今日のゲストは山本耕史


気になってた。だって、彼は日本版ブロードウェイミュージカル、レントの主人公マークを初めて演じた人だからだ。


彼自信もレントが役者人生の転機になったらしい。


そして、彼の訪れた地はニューヨーク。


全て私の興味があることだった。


私も英語に興味を持ったのは、レントがきっかけだった。


私はレントを舞台ではなく、映画でみた。


すごく衝撃を受けた。キャストはほとんどが、初演のメンバー。キャストのレントに対する愛も感じたし、何よりもどの歌もすばらしかった。


私は当時高校生だったけど、DVDを購入して、学校から帰ったら何10回、いや何100回も見た気がする。


そして、2008年。レントはブロードウェイでの上演に終止符を打った。


今思えば、あの時単身でもいいからNYに行けばよかったなって思う。


あれから、8年後、2016年のnew year。私はNYのレントの舞台、イーストビレッジにいた。


本場で見るミュージカルは自分の想像を超えるものだった。日本でブロードウェイミュージカルっていったら、敷居が高く、チケットはだいたい1万する。それがNYだったらもうちょっと安く気軽に見れる。もっとみんなの生活に密着したものだった。


あれから、また1年。何か自分は変われたかな。


レントは自分にとってどんな意味があったのだろう。まだ答えは見つかってない。